大東市・門真市・守口市・寝屋川市の不動産購入なら株式会社ラックハウジング!

どうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-347-789

株式会社ラックハウジング > 株式会社ラックハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 部屋は角部屋?あなたはこだわりますか?

部屋は角部屋?あなたはこだわりますか?

≪ 前へ|オートロックは果たして安全なのか?メリット・デメリットを紹介!   記事一覧   簡単!一人暮らしの防犯対策|次へ ≫

部屋は角部屋?あなたはこだわりますか?

カテゴリ:お役立ち
物件を探す際に皆さんは、その部屋が角部屋なのか中部屋なのかこだわりますか?

一般的には角部屋が好まれる傾向にあります。
角部屋をオススメしている広告もよく見ますよね。

ですが決して角部屋が中部屋よりすべてに優れている・・・というワケではないです。
それでは角部屋のメリット・デメリットをみていきましょう。



角部屋のメリット・デメリット



メリット


■ 眺めや日当たりがいい



  角部屋は窓数が中部屋より多いため、眺望や日当たりがいいです。

  

■ 隣人の生活音があまり気にならない


 
  隣接している部屋が片方しかないため、両隣の部屋から生活音が聞こえてくるといったことはありません。


部屋が中部屋より広い場合がある



    角部屋は中部屋より広く作られていることが多いです。
    部屋数や収納スペースの数が変わってくる事があります。


玄関前を人が通らない



     角部屋の前を人が横切る事が無い為、足音があまり聞こえてこなかったり、
   プライバシーが保たれます。

 

デメリット

外の音が聞こえやすい



   窓が多いという事はそれほど外の情報が入ってきます。
   隣が車道に面している物件の角部屋だと、車の通行音などが中部屋より聞こえやすいでしょう。


外の気温に影響されやすい



   窓は外気の影響を良く受けます、中部屋より窓の数が多いと、中部屋以上に外気の影響を受けるということです。
   夏は自然光で室内の温度が高くなり、冬は外の冷気を取り込んでしまい寒くなることも。


家賃が比較的高い



   角部屋は希少性が高く、専有面積もゆとりがあります
   加えて、陽当たり良好なため家賃相場が中部屋より高いです。






以上が窓部屋のメリット・デメリットを紹介でした。
中部屋はこのメリット・デメリットが反対になると考えて頂いて問題ないでしょう。



 まとめ


  

 如何でしたでしょうか、人気のある角部屋物件ですが、こうやってメリット・デメリットを見てみると

 "中部屋の方が自分に合ってるかも" "正直どっちでもいいかも"という方もいらっしゃるのかもしれません。

 

 自分に合った部屋に住むのが一番です。

 実際に気になった物件へ足を運んで見学してみましょう。

 

 


  

≪ 前へ|オートロックは果たして安全なのか?メリット・デメリットを紹介!   記事一覧   簡単!一人暮らしの防犯対策|次へ ≫

トップへ戻る