大東市・門真市・守口市・寝屋川市の不動産購入なら株式会社ラックハウジング!

どうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください

0120-347-789

株式会社ラックハウジング > 株式会社ラックハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の悩み。「ユニットバスタイプ」か「セパレートタイプ」か 

賃貸物件の悩み。「ユニットバスタイプ」か「セパレートタイプ」か 

≪ 前へ|部屋はどの方角がいいのか?   記事一覧   物件見学での周辺環境チェックはとても大事|次へ ≫

賃貸物件の悩み。「ユニットバスタイプ」か「セパレートタイプ」か 

カテゴリ:お役立ち
「ユニットバスタイプ」「セパレートタイプ」

この二つは部屋探しをする時に、欠かせない選択になってくると思います。



築年数が比較的に新しい賃貸物件ではセパレートタイプ(バス・トイレ別)が主流になりつつありますが、決してそれがベストではありません。

各個人のライフスタイルに合った方を選択するのが一番です。

では「ユニットバス」との「セパレートタイプ」の各所を比較していきましょう。


ユニットバスタイプ





 ユニットバスは一般的に浴槽・トイレ・洗面台が一体になっているタイプのお部屋の事です。


 ですが正確には3点ユニットバスといいます。


 浴槽・洗面台が同室で、トイレが独立している所は2点ユニットバスといいます。




メリット



  ■ 家賃が割安
  
  ユニットバスは、風呂・トイレが別の物件よりスペースや仕切りの健具が必要ないので、家賃が安めに設定される事が多いです。


  ■ 掃除がしやすい
  
  ユニットバスは一度にまとめて掃除がしやすいです。
  入浴ついでに、シャワーを使ってトイレ、床の掃除ができます。

  

デメリット



  ■ 気になってしまう
 
  湯船に浸かる時、隣に便器があるとあまりいい気分はしませんよね、気にされない方も居るかと思いますが 


  ■ 浴室スペースが少ない
 

  トイレと同室なため、体を洗ったりするスペースが狭いです。
  ユニットバスタイプにお住まいの方は基本、浴槽の中で立ったまま頭や体を洗ったりすることが多いです。
      また、シャンプーなどのお風呂用品を置くスペースも狭いため工夫しなければなりません。

  ■ 浴室・トイレを同時に使用できない


  ユニットタイプだと、友達や恋人、同居人が風呂に入っていると、その時間トイレが使えません。
  使用する事も出来ますが、気にしてしまいますよね。


  ■ 換気性が悪くカビが発生しやすい

  ユニットタイプは窓が無く、ドアも閉めてることが多いので換気性が良くありません
  シャワーカーテンなどがカビてしまう事があります。
  また入浴後は湿気髙く、トイレットペーパーが湿ってしまう事もユニットバスのあるあるです。


 
  

セパレートタイプ




セパレートタイプは風呂・洗面台とトイレが別になっている間取りです。


メリット


  湯船に浸かれる

 3点ユニットタイプとは違って、トイレも隣に無く、浴槽内で体を洗う事もないため ゆっくり湯船に浸かれます。


 ■ 体を洗いやすい

 湯船の外で体を洗えるので、ユニットタイプより体を洗うのが楽になります。


  風呂・トイレを別々で使用できる

 ユニットタイプとは違って、もう一人が風呂を使用してても問題なくトイレを使えます。



デメリット


 ■ 家賃が少し高め

 セパレートタイプは、部屋を別々で設けるため家賃がユニット式よりも高めに設定されています。

 ■ 掃除範囲が増える

 デメリットというほどでもないですが、簡単に掃除ができるユニットタイプと比べ掃除しなければならない範囲が増えます。

 ■ 部屋が狭くなってしまう事も

 浴室とは別に1部屋設ける為、その分生活スペースが狭くなってしまう事もあります。

 

 まとめ



 こうみると入浴において重要視されている方は、セパレートタイプの方がいいと思われます。

 男性の一人暮らしは湯船にお湯を張らずにシャワーで済ます方も多く、そういう人がユニットタイプに住まわれてますね。

 一方で女性はセパレートタイプを好む方が多いです。

 今回のメリット・デメリットをご覧いただいて、自分に合ったタイプをお選びください。

 また実際どのような広さなのか、など 見学をしてみたい方はックハウジングまでお気軽にご連絡下さいませ。




 

 


≪ 前へ|部屋はどの方角がいいのか?   記事一覧   物件見学での周辺環境チェックはとても大事|次へ ≫

トップへ戻る